みなし配当

このエントリーをはてなブックマークに追加

法人が

その株式等の発行法人の

合併

自己の株式の取得

資本の払戻等により

金銭その他

の資産を取得した場合等において,

一定の金額は,

利益の配当,

剰余金の分配の額

金銭の分配の額とみなし,

受取配当金として課税される


合併により交付を受けた資産の価額の合計額

(取得株式時価+合併交付金)など

交付の基因となった株式に対応する資本金等の額
(合併等の直前の資本金等の額)
①ー②=みなし配当
]]>

2019年5月11日 | カテゴリー : 消費税 | 投稿者 : 格安高品質相続税税理士埼玉県東京対応