公的年金等控除

このエントリーをはてなブックマークに追加

公的年金等控除について、次の見直しを行う。
イ 控除額を一律1 0 万円引き下げる。


ロ 公的年金等の収入金額が
1 、000 万円を超える場合の控除額については、
195 万5千円の上限を設ける。


ハ 公的年金等に係る雑所得以外の所得
に係る合計所得金額が1 , 000 万円を
超え2,000 万円以下である場合の控除額を
上記イ及びロの見直し後の
控除額から一律1 0 万円、


公的年金等に係る雑所得以外の所得に係る
合計所得金額が2, 000 万円を超える場合の控除額を
上記イ及びロの見直し後の控除額から
一律20 万円、それぞれ引き下げる。


 
 

2019年7月3日 | カテゴリー : 消費税 | 投稿者 : 格安高品質相続税税理士埼玉県東京対応