消費税の軽減税率とインボイス

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の10月から,

飲食料品と宅配新聞については,

8%の軽減税率が導入される。

 

飲食料品等を扱っている

卸売業や小売業は,

売上と仕入の中に

8%の分と10%の分が混在することになる。

 

これをどのようにして区分管理するか,

区分経理するかが問題となってくる。

経理だけの話ではないからだ。

 

商品管理,システム,営業……

そういったものを巻き込んだものになってくる。

 

以下は一例である。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

業種

 

 

仕入

 

 

売上

 

 

飲食店

 

 

食材の仕入れは8%

 

 

基本的には10

 

持ち帰りや宅配は8%

 

 

弁当屋

 

 

食材の仕入れは8%

 

弁当容器・割箸等は10

 

 

基本的には8%

 

 

建設業

 

サービス業等

 

あらゆる業種

 

 

福利厚生費に含まれるお茶代・お茶菓子代は8%

 

 

 

 

  • 贈与税が非課税の生活費
  • 負担付贈与は思わぬ税金がかかる?
  • 相続開始前3年以内の贈与の税務調査
  • 土地の評価単位事例
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です