私道

このエントリーをはてなブックマークに追加

私道の用に供されている宅地の評価

 

私道の用に供されている宅地の評価は、
評価の方式から倍率方式による評価までの定めにより

計 算した価額の
100分の30に相当する価額によって評価する。

この場合において、
その私道が

不特定多数の者の通行の用に
供されているときは、

その私道の価額は評価しない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的な家庭でも相続税はかかる時代です
●相続人が争族人にならない対策をしたい。
●財産は生前に贈与した方が得?
生前贈与の仕方や、
子孫に財産を残す事業継承の仕方をアドバイス

電話048(648)9380 お気軽にご相談下さい

なお、税理士料金は、15万円からと

業界最低料金を目指しております。

 税理士料金表
——————————————————————————–
税理士報酬の目安
相続財産が5千万円程度の場合、30万円前後です。
相続財産が8千万円程度の場合、40万円前後です。
相続財産が1億円程度の場合、50万円前後です。
相続財産が2億円程度の場合、80-100万円前後です。
相続財産が3億円程度の場合、100-150万円前後です
(平均的な税理士の
相続税申告の報酬1%
に比較して半額程度の金額で、
お引き受けいたします)

良心的料金でも品質は一流の

TKC、JDL、陰地名人(土地評価システム)など
相続税申告書システムを複数使用し低い評価額で

計算しますのでご安心ください。

なるべくお客様のご希望に沿う料金で
承りたいと考えております。
どうぞ、安心してご相談ください。

相続税専門堤税理士事務所へ、ご依頼ください。
ご相談お見積り料無料です。
お客様それぞれに「親切・丁寧」な対応を進めております

048(648)9380

お知らせ

2019年3月20日
30年からの事業承継特例,贈与税
2019年3月19日
先代⇒2代目⇒3代目への事業承継
2019年3月19日
贈与時における事業承継税制
2018年12月23日
贈与契約の取消しは贈与税が免除されるか?
2018年12月23日
中古車の相続税の価格は買取価額で大丈夫?

 

› 続きを読む

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です