給与と外注費

このエントリーをはてなブックマークに追加

令和5年10月1日以後

 適格請求書発行事業者の

登録を受けていない場合

は,

給与でも

外注費でも 仕入税額控除の対象とはならない が

『事業者とは

  自己の計算において

  独立して事業を行う者をいう』 とあり

適格請求書発行事業者に支払った

業務の対価金額は

外注費として

仕入税額控除 できる

と考えられます。

2019年10月18日 | カテゴリー : 消費税 | 投稿者 : 格安高品質相続税税理士埼玉県東京対応