貸付事業用宅地の改正30年

このエントリーをはてなブックマークに追加
(相続開始前3 年以内に

新たに貸付事業の用に供された宅地等

( 相続開始の日まで

3 年を超えて引き続き特定貸付事業を行っていた

被相続人等の貸付事業の用に供されてい
たものは除かれます。)


平成30年3月31日以前

に貸付事業の用に供した宅地等は、

小規模宅地の適用の対象になる可能性があります

]]]]> ]]>
2019年3月24日 | カテゴリー : 消費税 | 投稿者 : 格安高品質相続税税理士埼玉県東京対応