このエントリーをはてなブックマークに追加

軽減税率の適用対象取引は、

・飲食料品の譲渡

・定期購読契約がされた宅配新聞の譲渡

になっている。

 

飲食料品の範囲については、

食品表示法の中に、

食品表示基準という別表があり、

ここに飲食料品とは何かと列挙してあるので、

これにしたがって判断することになる。

 

ただ、飲食料品のようなものでも、

標準税率になるものや、

食品表示基準に載っていても、

標準税率になるものがあるので、

気を付けて見ていく必要がある。

 

軽減税率の対象外である

酒類についても、

酒税法に規定されているので、

基本的に、

これにしたがって

判断していくことになる。