配偶者居住権

このエントリーをはてなブックマークに追加

配偶者居住権に関する規定は、令和2年4月1日施行

計算例

建物の相続税評価額-
建物の相続税評価額×
法定耐用年数×1.5(非事業用)-築年数-居住権の存続年数※1 ×
法定耐用年数×1.5(非事業用) - 築年数
存続年数に応じた 民法の法定利率に よる複利現価率
※1 存続年数は、配偶者の平均余命年数を上限とする。

 敷地に対する権利  
 土地の相続税評価額 -①土地所有権  
 ※2 敷地に対する権利は、小規模宅地等の特例の対象とする  
① 土地所有権  土地の相続税評価額 ×
存続年数に応じた 民法の法定利率に よる複利現価率

配偶者居住権が設定された不動産を物納劣後財産とする
配偶者居住権の設定の登記について、登録免許税を課税する(税率:2/1,000)。

2019年8月8日 | カテゴリー : 消費税 | 投稿者 : 格安高品質相続税税理士埼玉県東京対応