30年からの特例事業承継税制と 従来の「一般事業承継税制」 の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般事業承継税制

総株主等議決権数の3分の2までが

納税猶予の適用対象で

続のに納税猶予となるのは

その評価額の80%に対応する相続税額
適用を受けてから5年間の事業継続要件
雇用確保要件が厳格に要求される
特例事業承継税制

特例事業承継税制

(以下「特例制」)

では

総株主等議決権数のすべてが対象である。


 

2. 相続時の納税猶予適用対象が株式評価額の100%


 

 

雇用保要件

80%を下回った場合でも、

 

認定経営革新等支援機

の意見が記載された

 

下回った理由を記載した書類」

 

が提出された場合には

 

認定が取り消されない


株式所有者からの贈与


 

一般事業承継税制では、

 

代表者であった同族関係者間で

 

筆頭株主である先代経営者からの

 

贈与のみ であったが

30年より

改正され

特例制度と同様に適用可能になった

 

特例制度では、

 

先代経営者からの一括贈与を条件に、

 

後継者が

 

特例認定承継会社の代表者以外の者から

 

贈与等により取得する

 

特例認定贈与承継会社の

 

非上場株式等についても

 

特例経営承継(5)内に

 

その贈与に係る申告書の提出期限が到来するもの限り

 

対象とされる

 

役員になったとのない株主

 

しかも親族以外の人から

 

贈与を受けても適用を受けられる。



 

特例制度では

 

譲渡時

 

 

消滅時

 

及び

 

解散時に

 

 

一部減免される。


 

譲渡や

 

合併・株式交換等による

 

消滅等の場合や、

 

株式交換等により

 

子会社になったときには、

 

相続税評価額の50%

 

下限として計算する。

 

 


 

特例承継計画の提出

 

特例事業承継税制の適用をけるには

 

認定経営革新等支援機関の

 

指導

 

及び

 

を受けて

 

会社が作成した

 

特例承継計画」の

 

都道府県庁への提出が必要である。

 

そしてその提出期間は

 

平成3041日から平成35331日まで

 

です


 

 

 

項目           一般事業承継税制         特例事業承継税制

対象株式         総株主等議決権数の3分の2         全株式

相続時の猶予対象評価額      80%  100%

雇用確保要件        5年平均80%維持 実質撤廃

贈与等を行う者       改正前:先代経営者のみ 複数株主可

改正後:複数株主可


後継者           後継経営者1人のみ           後継経営者3名まで

(10%以上の持株要件)


相続時精算課税     推定相続人等後継者のみ       推定相続人等以外も適用可



経営承継期間後の    民事再生・会社更生時にその時点        左欄の内容に

減免要件       の評価額で相続税を再計算し超   譲渡合併・株式交換等による

える部分の猶予税額を免除       消滅等・解散時が加わる



特例承継計画の提出        不要                  

提出期間           ―         平成3041日から5年間



先代経営者からの         なし 平成3011日から

贈与の期間                      平成391231日まで

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です